文字サイズ

  • 標準

院長室へようこそ ~当院院長のご紹介~

院長紹介

本院は、これまでに6,000例以上の心臓外科手術をおこなってきた樋上哲哉医師が院長を務め、樋上院長の「医療は患者さんのためのみにある」であるとする信条が浸透しているため、人間味のあるチーム医療が日々実践されています。
冠動脈バイパス手術を飛躍的に進化させたとされる超音波メスによる内胸動脈採取法の開発者としても知られ、虚血性心疾患だけではなく、弁疾患、大動脈疾患など、どの領域でも堅実な成績を残しており、厚い信頼が寄せられています。

また、樋上院長の就任を迎えたことが、当院の誇りでもあり患者さまとの信頼の絆を強くするものと、確信しております。

神戸徳洲会病院
病院長/心臓血管外科
がみてつ

日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医・修練指導者。日本外科学会外科専門医・日本循環器学会循環器専門医・日本胸部外科学会心臓血管外科専門医・指導医。

専門分野:

成人心臓血管外科

  • 冠動脈外科
    心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)、
    超音波メスによる左右内胸動脈使用 など
  • 弁膜症外科
    僧帽弁形成術(自己弁温存術)、
    超音波郭清による石灰化大動脈弁置換術 など
  • 大動脈外科
    選択的脳保護下 弓部全置換術、
    ステントグラフトによる胸部大動脈置換術 など
高度先進医療分野:
  • 再生医療
    自己心膜再生、小口径動脈再生 など
心臓血管外科手術の累積執刀数:

約7,000例

樋上院長の信条「医療は患者さまのためのみにある」

樋上院長の手術手技 - 世界レベルの心臓血管外科手術 –

樋上院長が開発した超音波メスによる内胸動脈採取法は、超音波メスを使って安全に尚且つスピーディーに左右2本の内胸動脈をはがすことができ、術後に血管が詰まってしまう率が格段に下がりました。現在、国内で行われる冠動脈バイパス術の8割が樋上院長の手法を取り入れています。
樋上院長の粘り強い研究の結果、冠動脈バイパス術で使われるグラフトの質は格段に良くなり、当院の心臓血管外科では、ほぼ全例において、動脈グラフトのみによる人工心肺を使わない心拍動下冠動脈バイパス術を行っています。
このバイパス術は、99%以上の救命率と良好な長期グラフト開存が実証されています。たとえば、5年以内の狭心症再発率は3%以下となっており、従来のやり方に比べて格段に良好な成績を得ています。

また僧帽弁疾患においても、樋上院長は術中心拍動下逆流評価法という画期的な治療法を開発しました。この手法は、弁形成術の術中に大動脈を遮断しながら心臓を動かし、逆流がないかどうかを確かめることがきます。その場で弁の状態を確認できるため、術中に微調整ができ、ほとんどの例で残存逆流ゼロの完成度の高い僧帽弁形成術を実現しています。

両側内胸動脈による心拍動下冠動脈バイパス術

の4カ所に吻合した例

最高品質の理想的な低侵襲冠動脈手術の実現

「超音波メス Skeletonization 内胸動脈」は世界初の独自技術で、次の利点があります。

  • 内胸動脈を最大限、長く・太く利用できる
  • 左内胸動脈と右内胸動脈を同時に使える
  • 内胸動脈を全く傷つけずに採取できる
  • 抜群の長期開存性が確保できる
    ※ 内胸動脈は10年たっても95%以上開存を保つ
  • 最高品質の内胸動脈で心臓(左室心筋)のほとんど(3/4の領域)をカバーできる

自己弁温存による独自の僧帽弁形成術

独自の理想的な弁尖形成法(ラフゾーントリミング法)による
最高品質の弁膜症手術の実現

世界初のユニークな発想と、確実な技術である弁尖形成法(ラフゾーントリミング法)は、次の利点があります。

  • 人工弁を使用しなくてすむ
  • 極めて低い僧帽弁逆流の再発率(術後10年以内の再手術率:2%未満)
  • 術後には、抗凝固剤も抗血小板剤も不要
  • 独自の僧帽弁の術中逆流評価法(RC-beating test)で、完璧な修復完成度を達成
  • 術後の僧帽弁逆流の完全制御(逆流ゼロ)を95%以上で達成

心臓手術後の回復の早さ

超音波メスによる内胸動脈採取法は、心臓を止めない低侵襲な手術です。回復も早く、手術当日からのリハビリを開始でき、200m歩行が術後5日間で達成できています。

当院は、十年二十年たっても再手術の必要のない、より質の高い治療を行っており、どんな合併症を持った方でも、一日も早く元通りの生活に戻れるよう精一杯お手伝いさせていただきます。

樋上院長のプロフィール

樋上院長の経歴や資格、所属学会・学会役員、主たる研究分野と特筆テーマ、主な著書をご紹介します。

経歴

  • 1982年
    神戸大学医学部卒業
  • 1982年
    神戸大学医学部附属病院 医員(第二外科)
  • 1987年
    兵庫県立姫路循環器病センター 医長(心臓血管外科)
  • 2001年
    神戸大学大学院医学系研究科講師(呼吸循環器外科学講座)
  • 2001年
    米国ミシガン大学外科 専任講師
    (Department of Surgery,University of Michigan)
  • 2001年
    島根医科大学医学部 教授(外科学講座外科学第一)
  • 2003年
    島根大学医学部 教授(外科学講座 循環器・消化器総合外科学)
  • 2005年
    島根大学医学部 卒後臨床研修センター長 [兼任]
  • 2006年
    札幌医科大学医学部 教授(外科学第二講座)
  • 2008年
    札幌医科大学医学部付属病院 病院長補佐 [兼任]
  • 2013年
    札幌医科大学医学部 教授(心臓血管外科学講座)
  • 2015年
    葉山ハートセンター 院長/心臓血管外科センター長[兼任]
  • 2017年
    神戸徳洲会病院 病院長/心臓血管センター長[兼任]

資格

  • 神戸大学医学博士
  • 心臓血管外科専門医
  • 外科専門医
  • 循環器専門医
  • 脈管専門医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本胸部外科学会指導医

所属学会

  • 日本心臓血管外科学会(評議員)
  • 日本血管外科学会(評議員)
  • 日本冠動脈外科学会(理事)
  • 日本心臓病学会(FJCC)
  • 日本組織移植学会(評議員)
  • ライフサポート学会(顧問)
  • 日本臨床外科学会(評議員)
  • 日本循環器学会
  • 日本人工臓器学会
  • European Association for Cardio-thoracic Surgery (active member)
  • Society of Thoracic Surgeons
    (active member)
  • International Society of Cardiovascular Surgery
  • 日本外科学会 日本胸部外科学会
  • The Asian Society for Cardiovascular Surgery

主たる研究分野と特筆テーマ

  • 冠動脈外科
    “Ultrasonic complete skeletonization” for the ITA Off-pump coronary artery bypass grafting only with in-situ arterial grafts
  • 大動脈外科
    “Non-clamping selective cerebral perfusion” for total arch replacement
  • 弁膜症外科
    “Retrogrande cardioprotective beating test” for Mitral valve plasty
  • 不整脈外科
    Pulmonary vein isolation on off-pump beating heart
  • 心筋保護法
    “Retrograde continuous cold blood cardioplegia” for open heart surgery
  • 再生医療
    Decellularized artificial conduit for small-size artery

主な著書

超音波メスによる新しい内胸動脈採取法
Ultrasonic Complete Skeletonization法

心臓の冠動脈バイパス術に画期的な新方式を考案した著者による術式の解説書である。超音波メスを用いた Ultrasonic Complete Skeletonization 法という動脈グラフト(移植片)採取法について、その手技の実際、安全性と確実性の根拠、臨床応用の実際、臨床成績の優位性などを解説している。また、手技の実際は付録のDVDの動画によっても学ぶことができる。

Amazonでみる

その他、共同執筆多数

手術動画のご案内

※手術動画のため、血液の描写があります。血液を見るのが苦手な方は、閲覧をご遠慮ください。
※動画再生には視聴制限があります。クリックした後にログインが必要です。

心臓血管センター紹介

心臓血管センターでは、動脈硬化、高血圧、糖尿病、じん不全などの基礎疾患から発展する循環器疾患を主とする治療を行っております。
また、心臓血管センターの「特別専門外来」では、心臓病や血管病の精密診断、高度先進技術に基づく手術治療の相談や入院予約、さらには、症状のないうちに潜在する重症疾患を見つける心臓血管スクリーニングも実施しております。お気軽にご相談ください。

詳細を見る
  • TEL078-707-1110