「食事を作ることが難しい」、「スーパーに行くのが大変」、「できあいの惣菜に頼ることが増えた」といった方に便利なコンビニエンスストア。しかし、手軽さの反面、濃い味付けや脂肪を多く含む惣菜も多いため栄養バランスの偏りが心配。惣菜の組み合わせを工夫して、バランスのとれた食事を目指しましょう。

ポイント! 主食・主菜・副菜を組み合わせる


主食とは? からだを動かす


例:米・パン・麺・いも類・砂糖・油など



主菜とは? からだを作る


例:肉・魚・卵・大豆製品など



組み合わせ例①




組み合わせ例②


<写真5:組み合わせ2-3.png>

組み合わせ例③


<写真6:組み合わせ3.png>

注意すること


食塩の1日摂取目標量は男性7.5g未満,女性6.5g未満です。(日本人の食事摂取基準2020年版)
栄養成分表示を参考に1日の目標量を超えないように注意が必要です。

この記事を書いた人


神戸徳洲会病院 栄養科 杉山太一

当院では栄養指導をおこなっています。


外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ


第47号 2020.7 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで