当院の起立性調節障害の外来ページはこちら

起立性調節障害って?


夜遅くまで起きていて、朝は体がつらく起きられない。でも午後になると元気で、夜は携帯を見たりゲームで遊んだり・・。側から見ると怠けているようにしか見えない。これは起立性調節障害によく見られる光景です。
中高生の10人に1人がこの病気を発症し、その内3割は不登校になっています。特に小児科の日常の臨床の場で頻繁に遭遇する病態であり、コロナ流行前と比較して起立性調整障害患者が多くなってきており社会問題化していると言っても過言ではありません。

患者本人は体がつらいのに原因がわからず、不安な思いをしています。またこの病気が厄介なのは、最も発症しやすい時期が思春期で、高校進学という人生の帰路にあたるということです。中学生で不登校になり、「このまま引きこもり、ニートになるのでは・・・・」と悩む保護者も多いです。

起立性調節障害の判断基準


① 以下の症状の3つ以上当てはまる


・立ちくらみ、めまいを起こしやすい
・立っていると気持ちが悪くなる
・入浴時、あるいは嫌なことを
・見聞きすると気持ちが悪くなる
・少し動くと動悸、息切れがする
・朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い
・顔色が青白い
・食欲不振
・腹痛がある
・倦怠感がある、あるいは疲れやすい
・頭痛がある
・乗り物に酔いやすい

② 新起立試験を実施し、以下のいずれかに当てはまる


・起立直後性低血圧(軽症型、重症型)
・体位性頻脈症候群
・血管迷走神経性失神
・遷延性起立性低血圧

①の症状が3つ以上あてはまり、②のサブタイプのいずれかにあてはまる場合は、起立性調節障害と診断されます。

原因は?


起立性調整障害の病型の典型は体位性頻脈症候群(postural tachycardia syndrome: POTS)であり、立位時や起床時に下肢や腸管の血管の収縮不足のために、頭部や上半身への血液量が不足しそれを代償すべく心拍数が上昇する病態となっています。

症状は?


起床困難や倦怠感の他に、起立性調節障害の9割の患者さんが「ブレインフォグ」と呼ばれる症状を訴えると新型コロナが流行する前の2013年に米国で報告されています。「ブレインフォグ」とは脳に霧がかかったような症状を総称し「頭が冴えない」「集中できない」「記憶力の低下」などの症状を呈し、現在ではコロナ後遺症の一つに当てはまると、最近注目されるようになってきています。

治療方法


一般的な治療法については飲水療法やミドドリン内服などがガイドラインで推奨されています。しかし実際の臨床の場では、症状増悪時にはなす術もなく帰宅される場合が多く、診療を行なっている主治医や、患児とその家族に多大な我慢を強いているのが現状です。

近年POTSに対する治療法が米国で提示されたことを受け、当院でもPOTS患者に対して生理食塩水静注療法を行っております。報告の通り翌日には症状は改善し、点滴後3-4日は活気的に過ごすことができるようになり登校が可能になった症例を経験しました。日本ではPOTS児童に対する急性期の症状に対する治療はほとんど行われておらず、多くのPOTS児が不十分な対応しか受けられない状況であり今回提示しました。起立性調節障害で悩まれている患者様がおられましたら、ご気軽に当院までご連絡ください。

栄養指導について


起立性調節障害児は食事摂取不足により、低栄養状態により倦怠感などの症状を呈していることがあります。
低栄養状態の改善を必要とする場合は、主治医指示のもと当院栄養士による栄養指導を実施させていただきます。
ご気軽にご相談ください。

起立性調節障害の外来受診について


午前----
第2~5週
午後-----

初診の方は完全予約制です。

初診の際は問診票を印刷の上ご記入頂き、受診の際にお持ちください。 
問診票のダウンロードはこちら

【診察時間について】
・初診では多くの疾患を鑑別する必要があるため検査が多いです。
・採血・心電図・レントゲン・エコーなどの検査だけで90分程度かかります。
・起立性調節障害に対する説明に30分程度かかり、点滴が必要と判断された場合は追加で90分程度かかります。
・初診では検査と説明、治療で合計3時間ほどを考えてください。また混み具合により延長する可能性もあります。
【受診日について】
・起立性調節障害のテストを行うには、一番状態が悪い午前中が理想的です。
・どうしても午前中に受診が困難な場合はご相談ください。

睡眠障害でお困りの方


当院では起立性調節障害に合併する睡眠障害の治療も行なっております。
睡眠日誌を記録の上、受診の際にお持ちください。 
睡眠日誌のダウンロードはこちら

医療講演・懇話会のお知らせ


医療講演はこちら
懇話会はこちら

実施中の臨床試験


当院で実施中の臨床試験に関する情報はこちら



この記事を書いた人


神戸徳洲会病院 小児科部長 泉井 雅史