文字サイズ

  • 標準

栄養科

栄養科

カロリーってなにか知ってますか?カロリーはエネルギーの単位で、生きて体を動かす大切な活動の源です。病院食は、「味が薄い」、「美味しくない」、「同じメニューの繰り返し」というイメージはありませんか。 当院の栄養科では、管理栄養士、栄養士、調理師、調理補助が一丸となってエネルギー量を調整しながら、健康にも「美味しい」病院食を提供しています。

栄養科の仕事

栄養科では、給食管理(食事)に関わる仕事であるフードサービスと、臨床栄養管理(病気)に関わる仕事であるクリニカルサービスをおこなっています。 どちらも医師の指示の下、患者様の病態(病気)に適した食事を提供して早期の治癒、回復に貢献することです。

フードサービス(給食管理業務)

メディカルフードサービスは、治療を目的とした病院食を提供することです。治療を目的とした病院食とは、医師の指示の下、患者様1人ひとりの病態に合ったカロリーなどの栄養素が計算され管理された食事です。 栄養管理だけでなく、衛生管理にも配慮し、食事提供までに管理栄養士、栄養士、調理師、調理補助 栄養科すべての人が関わっています。

入院患者様個々に対応

入院患者様個々に医師からの指示(エネルギー量やたんぱく質、減塩等)に対応した内容で食事を提供しています。

特別食やえんげ訓練食

生活習慣病などに対応した特別食(糖尿病、腎臓食、心臓食など)や、おかゆや米飯、刻み食、ペースト食など患者様のえんげ機能にあった個々の対応

行事食

入院中の患者様に少しでも季節を感じていただけるように行事食を提供

クリニカルサービス(栄養管理業務)

クリニカルサービス(栄養管理業務)は主に管理栄養士が関わり、外来、入院患者様への栄養サポートをおこないます。 外来、入院患者様へは栄養管理や栄養指導をおこないます。 また、入院患者様へは、多職種のチームで関わり、栄養サポートチームや、褥瘡対策チームなどがあります。

食事が摂れていない患者様には

1.食事形態の変更を検討 (例) ・米飯をお粥に ・おかずを小さくするために刻み食やペースト食を案内 2.栄養補助食品や経腸栄養剤の検討

栄養指導のお知らせ

当院の栄養指導は「あなたの食生活に寄り添います」をモットーに、普段の食生活を把握して、継続できる方法を一緒に考え、サポートしていきます。 また、外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。 栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。 生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。 糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。 お気軽に医師にご相談ください。

その他の活動

その他にも月に1回栄養通信を発行や医療講演など、さまざまな取り組みをおこなっています。 また、NST(栄養サポートチーム)活動、褥瘡患者様への栄養サポートなどのチーム医療や、カンファレンスに参加することで患者様一人ひとりに合わせた栄養管理を行っています。

  • TEL078-707-1110