診療科・部門

リハビリテーション科

責任者のご挨拶

リハビリテーション科主任 作業療法士<br />
寺尾昌之

リハビリテーション科主任 作業療法士
寺尾昌之

リハビリテーション科は病気やケガで日常生活に支障のある方へ、心身の回復のための治療や環境調整の援助を行い、本来の自分らしい生活の獲得を目標としています。

当院では急性期や地域包括ケア病棟、訪問リハビリも兼ね備え、入院生活から在宅生活まで継ぎ目のない一貫したかかわりを持てるのが特徴です。また、同じ病気であっても全く同じ人はいないように、その方の生活や性格、身体の特徴なども踏まえ、ひとりひとりの思いを汲みながら最善なリハビリプログラムの提供を心がけます。

やすらぎと明日に繋がる希望を見出せるよう、スタッフ一同切磋琢磨し、地域の皆様に貢献できればと思います。

業務案内

理学療法部門

当院理学療法部門では患者様の病態や身体機能、生活背景などを細かく評価し、患者様が可能な限り早期に安定した日常生活を営む、また社会に復帰・適応できるように身体機能・動作能力向上のためにリハビリテーションを提供しています。

作業療法部門と共に在宅復帰に向けた日常生活動作(ADL)練習、退院前訪問指導も実施しています。
また外来や地域リハビリテーションとしての在宅での訪問リハビリテーションも提供しています(医師が必要と認めた場合など条件によります)。

作業療法部門

作業療法部門では、それぞれの患者様が、主体的に且つ健康的に生活ができることを目的に、食事や排泄など日常生活における活動や、家事・仕事・趣味など人が営む生活行為に着目し援助や指導を行います。また退院後の生活を想定して、福祉用具や自助具の選定、自宅環境の調整や具体的な動作指導なども行っています。
退院後は外来や訪問リハビリテーションでも対応をしています(条件によります)。

言語聴覚部門

言語聴覚療法部門では、高齢化に伴い成人の食べるための訓練(以下、嚥下訓練)が業務の大半を占めています。嚥下訓練では、単純に機能的な訓練を行うだけではなく、生活の質を高めることにおいても重要です。そのため色々な職種と連携し、楽しく幸せに食べることを目標にリハビリテーションを提供しています。

訪問リハビリ部門

当院には訪問看護ステーションが併設されていて、医師の指示のもと、地域の方々に訪問看護・リハビリを提供しています。訪問リハビリは医療・介護サービスの一つであり、理学療法士や作業療法士が利用者の自宅を訪問し、日常生活の評価、機能訓練や生活に必要な動作練習などリハビリの視点から在宅支援を行っています。

リハビリ対象疾患

事故や転倒による骨折や靭帯損傷、筋・腱損傷を負った方、脳卒中により身体に麻痺がおこった方、治療中の安静により日常生活の動作が難しくなった方などです。
平成18年度の診療報酬改定にて、リハビリ実施可能な期間や疾患に制限が設けられました。

疾患別分類対象疾患
脳血管疾患等リハビリ脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脊髄損傷、多発性神経炎、末梢神経損傷、パーキンソン病、精髄小脳変性症、外科手術や肺炎治療のための安静による廃用症候群、など
運動器リハビリ骨折(体幹・上下肢)、四肢の切断・切離、上下肢の骨・筋・腱・神経・血管といった複合損傷、関節の変性疾患、関節の炎症性疾患、熱傷瘢痕による関節拘縮、など
呼吸器リハビリ肺炎・無気肺その他の急性発症した呼吸器疾患、肺腫瘍、胸部外傷その他の呼吸器疾患またはその手術後、慢性閉塞性肺疾患などで一定以上の重症の呼吸困難や日常生活能力の低下をきたしているもの

リハビリを希望される方へ

1.当院に通院されていない方

当院の各科外来に受診してください。症状により医師の指示のもと、リハビリテーションが開始されます。(平成18年の診療報酬改定により、リハビリを受けられる疾患や期間が制限されました)

2.外来通院中の方

1.外来各科医師にご相談ください。適応となる場合、リハビリに指示が来ます。内容や時間については医師の指示により実施されますが、希望がありましたらご相談ください。外来リハビリは通常午前中に予約制での実施となります。

2.リハビリ前には、「リハビリ前対面診察」があります。必ずリハビリ前対面診察後にリハビリテーション室にお越しください。

3.入院中の方

必要に応じ各科医師からリハビリに指示が出ます。内容についても医師の指示により実施されますが、家に帰るにあたって必要な動作や日常の習慣、家屋の特徴などについて遠慮なくご相談ください。

スタッフ構成

  • 理学療法士:14名
  • 作業療法士:8名
  • 言語聴覚士:4名
  • 助   手:1名
閉じる