文字サイズ

  • 標準

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリ科のご紹介

当院のリハビリテーション科は、心臓血管センターや呼吸器センターでの急性期医療をはじめ、地域包括ケア、通所・訪問リハビリなど幅広い分野でリハビリテーションを行っています。
一般的にリハビリテーションは、単なる機能回復だけではなく「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」を大切にしています。
もし患者様が病気で障害を持ったときには、よりよい人生を送れるように支援を行います。

ただし、当院のリハビリテーション科は障害に対して最初から諦めるという考え方はありません。
患者様やご家族の気持ちを考えると、可能な限り機能回復してもらいたいと考えています。

もちろん原因となる病気によって結果は違いますし、国によって定められている期間も限られていますから、その中で私たちにできることはわずかかもしれません。
でも最初から諦めるのではなく、そのわずかを追い求め、全力で職務を全うしたいと考えております。

各リハビリテーションの内容

リハビリテーションには理学療法、作業療法、言語聴覚療法があり、当院には総勢30名の療法士とクラークが在籍しております。以下に各リハビリテーションの内容を紹介致します。

理学療法

理学療法では、関節運動、筋力強化などの機能訓練、座る・立つ・歩くなど日常生活の基本となる姿勢や動作の練習を行います。
当院の理学療法士は呼吸療法認定士や徒手療法、神経生理学的アプローチ、足部からのアプローチといった専門分野の講習会を修了した者が多数在籍していますので、幅広い視点でのサービス提供が可能となっております。

作業療法

作業療法では、患者様や家族様の希望にできるだけ沿えるよう、食事や更衣、排泄、入浴などの日常生活動作の獲得を目指し、各動作に必要な立位練習や手指の細かな練習を行います。
自宅で生活をしていく中で、家族様のお手伝いが必要な方に対しては、具体的な介助指導も実施しています。また、福祉用具や自助具などの紹介も行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、発声訓練等の言語訓練は勿論のこと、嚥下訓練や認知症に対するアプローチも積極的に行っています。
高齢化社会が進む中、当院にもご高齢の患者様が多く来られます。
病状や環境の変化により入院した途端に食べられなくなった、急に認知症が進んでしまった…という患者様は実に多いのです。
当院では早期に言語聴覚士が関わりを持ち、合併症予防から病状に応じて食事の提案、認知症予防等、幅広く取り組んでいます。

Facebook

リハビリテーションは、時につらく、長期にわたることもあります。
職員からのメッセージや学会、勉強会などの報告を発信しておりますので、是非、ご覧になってください。
皆様のサポートをさせていただいておりますスタッフを少しでも身近に感じていただき、親しみをもっていただければ幸いです。

Facebook

  • TEL078-707-1110