診療科・部門

訪問看護ステーション
居宅介護支援事業所

赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の利用者様が自分らしく暮らすために、神戸徳洲会病院の関連施設である2つの事業所が連携をとりサポートします。

訪問看護ステーション

赤ちゃんから大人まで愛されるステーション


「訪問看護」とは病気や障がいがあっても、住み慣れた自宅で生活し続けたいと願う人に、看護師が訪問して医療ケアや身体ケアを行うことです。

保健・医療の十分な知識・技術をもつ者が、かかっている主治医と密に連絡をとり、入退院についてのご相談や在宅ケアサービスの紹介、ご希望に沿った療養生活を叶える支援や調整を訪問して行います。
また、理学療法士による「訪問リハビリ」による日常生活動作の訓練なども致します。

2022年4月から専門スタッフ(心臓リハビリテーション指導士、呼吸理学療法士、摂食・嚥下障害認定看護師など)を増員し、さらに高度なサービスを提供できるようになりました!
病棟経験豊富な看護師、リハビリ専門スタッフが24時間体制でサポートします。

実到可能なケア

  • 入浴食事介助など療養のお世話
  • 病状の観察・薬の相談
  • 訪問リハビリ
  • 人工肛門ケア
  • 医療機器の管理、在室酸素、呼吸器
  • 床ずれ予防処置
  • 動悸や息切れのケア
  • 足のケア
  • ターミナルケア

訪問看護は何をしてくれるの?

  • 健康状態の観察
  • 療養上のお世話
  • 医師の指示による管理・医療的処置
  • 家族への支援 など

訪問リハビリは何をしてくれるの?

  • 日常動作の訓練
  • 関節拘縮の予防・訓練
  • 機能訓練
  • 呼吸訓練 など

居宅介護支援事業所

身内の介護をすることになった、どこから手を付けてよいのかわからない、そんな時は一人で悩まず気軽にご相談ください。

居宅介護支援事業所は在宅介護の相談窓口で、ケアマネジャーと呼ばれる介護の専門職がいます。神戸市内の居宅介護支援事業者は「えがおの窓口」という愛称で呼ばれています。

介護サービス(ヘルパー、訪問看護など)を利用したいということでしたら、介護認定の申請が必要で、申請代行もします。そして介護が必要と認定されれば、自宅で自立した生活を送ることができるよう、その方の状況にあった介護サービスを利用するための計画書を作り、その計画に基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業所などへ連絡・調整を行います。

現在、神戸徳洲会病院は4人のケアマネジャーが在籍し、業務に当たっております。

ご連絡先

訪問看護ステーションTEL:078-707-1685 (FAX:078-705-5215)
居宅介護支援事業所TEL:078-705-1256(FAX:078-705-5215)
住所:〒655-0018 兵庫県神戸市垂水区千代ヶ丘1-1-12


神戸徳洲会病院入退院支援センター:078-707-1110(代表)

閉じる