文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2019年10月8日 スタッフブログ

ウォーキングは食前か食後か?

ウォーキングは食前か食後か?

運動しやすい季節がやてきました。もっとも手軽にできる運動といえばウォーキングですね!
ウォーキングは体が温まり、じんわりと汗をかくことで体の調子を整えてくれます。
今回はウォーキングの「タイミング」にスポットをあててご紹介します。

ウォーキングは食前か食後で効果が違う

同じウォーキングでも食事をとるまえにするのと、食事をしたあとにするのでは効果が違います。
食前と食後それぞれの効果をご紹介します。

減量したいかたは食事前の運動を!

食事前の体内は糖質が消費されているためウォーキング時のエネルギー源は体内の脂質です。
脂質を使って運動することで、減量へ繋がります。

ポイント!

糖質が全くない状態では脂質をうまく消費できないため、空腹を感じている場合は、バナナなど手軽に補給できるもので少し糖分を補給してから運動しましょう!

体型を維持したいかたは食後の運動を!

食事前とは違い、たくさんの栄養素が血液中で準備しています。動かなければその栄養素はいつか必要なときのために貯蓄されます。
貯蓄にすべてまわしてしまうと、体重増加に繋がります。

ポイント!

食後30から60分は胃内で食べたものを消化するためにエネルギーを使っているので、食後すぐの運動はやめましょう。

ウォーキングはタイミングが大事

ウォーキングは食前と食後で効果が違います。
減量したいかたは食事前の運動を!体型を維持したいかたは食後の運動を!意識して取り組みましょう!

関連する記事

生活習慣を見直してみよう!
新生活の生活習慣の見直しの1つにウォーキングを紹介しています。
脱・冷えの生活習慣
冷えを解消するための生活習慣を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。

栄養通信を紙でほしいかたへ

「運動と食事 ウォーキングのタイミング」は、第38号 2019.10.8 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで!

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110