文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2016年8月19日 スタッフブログ

献立にプラス!疲れに効く食材!

栄養通信第2号

まだまだ残暑が続き、疲れがぬけない日々を過ごしていませんか?
疲れに効く食材を普段の食事に取り入れて、疲れにくい身体づくりをしましょう!
今回は、献立に取り入れやすい、疲れに効く食材を紹介します!

疲れに効く食材!

疲れに効く食材を4つ紹介します。

酢はクエン酸が豊富です。
クエン酸は、体にたまる疲労物質の乳酸を分解してくれます。
意識的に普段の食事に取り入れてみましょう!
ポン酢の活用もおすすめです。

豆腐

豆腐には肉類に勝るとも劣らない良質なタンパク質や必須アミノ酸を多く含んでいます。
タンパク質や必須アミノ酸は、疲労回復に最適です。
また、木綿豆腐は絹ごし豆腐より栄養価が高いです。
冷奴、サラダ、味噌など簡単に取り入れやすい食材です。

豚肉

豚肉には、ビタミン1やタンパク質が豊富に含まれています。
ビタミン1やタンパク質は、疲労回復効果に優れ、脳を働かせるのにも有効です。
柑橘系の果物や友的などクエン酸を含む食材と一緒に食べるとより効果的です。

大和いも

大和いもは、滋養強壮効果が高いことで知られる食材です。
ぬめり成分のムチンがタンパク質の吸収を高め、疲れた体の回復を促進してくれます。
あっさり食べることができて、調理も簡単です!

関連する記事

夏野菜を食べて暑い夏を乗り切ろう!
夏野菜の種類と効果を紹介しています。
夏バテ知らずで楽しい夏を!!
夏バテにならないための栄養素や食事のレシピを紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「献立にプラス!疲れに効く食材」は、第2号 2016.8.19 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで!

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110