文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2016年10月19日 スタッフブログ

貧血予防は食事から

栄養通信第4号

貧血の多くは「鉄欠乏性貧血」です。偏食や欠食により栄養バランスが崩れると鉄分も不足します。
貧血予防の重要なポイントは「鉄分、タンパク質、ビタミンC」の摂取です。
今回は、貧血を予防する食事を紹介します。

鉄分は2種類ある

貧血を予防するには、まず鉄分を知りましょう。
鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄の2種類に分けられます。

栄養通信第4号 ヘム鉄と非ヘム鉄

ヘム鉄

ヘム鉄は「獣肉類」や「内蔵およびレバー製品」、「魚類」に含まれています。吸収率は15から25%と高く、効率的に鉄分を摂ることができます。

非ヘム鉄

非ヘム鉄は「卵類」や「貝類」、「豆類」などに含まれています。吸収率は2から5%と低く、非ヘム鉄だけでは鉄分の消化吸収が難しいです。

非ヘム鉄は動物性タンパク質とビタミンCと一緒に摂る

非ヘム鉄は動物性タンパク質とビタミンCと一緒に摂ることで吸収が良くなります。

栄養のバランスを考えて鉄分を摂る

「ヘム鉄」だけでは、栄養のバランスが偏ってしまいます。
そのため、「非ヘム鉄」や動物性タンパク質とビタミンCも一緒に摂る必要があります。

栄養のバランスを考えた一日の目安

栄養のバランスを考えた一日の目安を紹介します。

タンパク質

からだをつくる主成分であるタンパク質は、血液をつくる材料でもあります。
日々の献立の主菜に肉や魚、卵、大豆製品などを十分に摂取しましょう。

栄養通信第4号 一日の目安

ビタミンC

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれ、非ヘム鉄の吸収を助けてくれます。

豆知識!

ビタミンCだけでなくビタミンB群、葉酸なども貧血予防の大切な栄養素です。
いろんな食品をバランス良く摂るようにしましょう。

鉄分を含む食品をバランス良く摂って貧血を予防しましょう!

貧血予防は、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」と動物性タンパク質やビタミンCを一緒に摂ることが大事です。
他にも、ビタミンB群や葉酸なども貧血予防には大切な栄養素です。
栄養のバランスを考えながら貧血を予防しましょう!

関連する記事

バランスの良い朝食を食べましょう!
赤・黄・緑の食品を取り入れたバランスの良い朝食を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「貧血予防は食事から」は、第4号 2016.10.19 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110