文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2016年12月19日 スタッフブログ

レシピ かぼちゃを食べてきれいで健康な身体を作ろう

栄養通信第6号

今回はかぼちゃを使ったレシピを紹介します。

かぼちゃとベーコンのクリーム煮

栄養通信第6号レシピ

寒い冬に温かいかぼちゃ料理を食べて温まりましょう。

材料(1人分)

・かぼちゃ 70g
・にんじん 30g
・たまねぎ 30g
・ベーコン 10g
・牛乳   100cc
・水    200cc
・コンソメ 小さじ1/4個
・オリーブオイル 小さじ1/2
・塩、こしょう 少々
・粉チーズ、乾燥パセリ 小さじ1/2

作り方

1.野菜は食べやすい大きさに切る
2.鍋にオリーブオイルを入れ、ベーコンを炒める
3.2に1で切った野菜、水とコンソメを入れて野菜が柔らかくなるまで煮る
4.煮えたら弱火にして塩、こしょうで味を調える。牛乳を加えて一煮立ちしたら火を止める
5.器に盛り、お好みで粉チーズ、乾燥パセリをかけて完成

今回のポイント

・かぼちゃに多く含まれるビタミンA、Eは脂溶性なので油と一緒に調理をすると吸収がよくなります。
・かぼちゃの皮にはビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれているので、皮ごと食べるほうがいいです。
・寒い冬に温かいカボチャ料理を食べてあたたまりましょう。

関連する記事

かぼちゃを食べてきれいで健康な身体をつくろう!
かぼちゃの健康効果を紹介しています。
野菜の正しい保存方法知っていますか?
かぼちゃの正しい保存方法を紹介しています。
ビタミンで免疫力を高めよう
免疫力を高めるビタミンと主な食材を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「かぼちゃを食べてきれいで健康な身体を作ろう レシピ編」は、第6号 2016.12.19 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110