文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2017年7月19日 スタッフブログ

食中毒を予防しよう! 家庭での保存の注意点

栄養通信第13号

みなさんは食品を正しく保存できていますか?
気温が高くなり、食中毒が発生しやすい季節がきました。
食中毒は家庭の食事でも発生する危険があります。
正しい保存方法をおこなって、食中毒を予防しましょう!

保存の注意点

保存をするときの注意点を6つ紹介します。

栄養通信第13号 保存の注意点

すぐに冷蔵庫や冷凍庫にいれる

冷蔵や冷凍が必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫にいれましょう。

詰めすぎに注意!

冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。
詰め込み過ぎは温度にムラができます。
目安は「7割程度」

温度に注意!

冷蔵庫の温度は「10℃以下」、冷凍庫は「-15℃以下」に維持しましょう。
細菌の多くは10℃で増殖がゆっくりとなり、-15℃で増殖が停止します。

肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れて保存

肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れて保存しましょう!
理由は、冷蔵庫の中の他の食品に肉汁などがかからないようにするためです。

手指を洗う!

肉・魚・卵などを取り扱う前と後に必ず手指を洗いましょう!
せっけんを使い洗った後、流水で十分に洗い流すことが大切です。
簡単なことですが、細菌汚染を防ぐ良い方法です。

水漏れに注意!

食品を流し台の下に保存する場合は、水漏れなどに注意しましょう。
また、直接床に置いたりしてはいけません。

家庭での保存の注意点を知って、食中毒を予防しよう!

食中毒は家庭の食事でも発生する危険があります。
家庭での保存の注意点を知って、食中毒を予防しましょう!

出典:厚生労働省「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」(https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/0903/h0331-1.html)参照

関連する記事

食中毒にご用心!
食中毒予防の3原則にそって、食中毒の予防の台所術を紹介しています。
お肉はよく焼いて食べよう
お肉を食べて食中毒にならないための方法を紹介しています。
家庭でできる食中毒予防
食中毒予防3原則にもとづいて作られた、家庭でできる食中毒予防の具体的な方法を6つ紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。

栄養通信を紙でほしいかたへ

「食中毒を予防しよう! ~家庭での保存の注意点~」は、第13号 2017.7.19 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110