文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2017年9月19日 スタッフブログ

秋の食材”きのこ”について

栄養通信第15号

きのこは「低カロリー」で、「ミネラル」や「ビタミンD」、「食物繊維」が豊富な食材です。
これから旬をむかえ、積極的に摂りたい食材の一つです。

きのこのさまざまな健康効果

きのこにはさまざまな健康効果があります。

低カロリー

料理に取りいれることで、カロリーの大きな変化なく満足感を得ることができます。

ミネラル

カリウムを多く含み、体内の余計な塩分を体外へ排出します。

ビタミンD

・カルシウムの吸収を助け、骨や肉の形成にかかわります。
・肥満、がん、骨粗しょう症予防効果があります。

食物繊維

・コレステロールを下げ、動脈硬化や高血圧を予防します。
・大腸がん、便秘を予防します。

よく食べられるきのこの種類と特徴

よく食べられるきのこ4種類とそれぞれの特徴を紹介します。

しいたけ

筋肉、骨を丈夫にするビタミンDのもとになるエルゴステロールを豊富に含んでいます。
それだけでなく、脳の老化予防効果のあるグルタミン酸も含んでいます。
紫外線を浴びた「しいたけ」はビタミンDが増えるため、料理には干ししいたけを活用するのも良いでしょう。

まいたけ

βグルカンという物資を多く含み、免疫機能を回復させ、ガン細胞の増殖を抑える働きがあります。
βグルカンは食物繊維とおなじように腸をきれいにする効果があるため、大腸がんの予防にも役立ちます。
それだけでなく、ビタミンB1.B2も多く含みます。

えのきたけ

ギャバという成分が豊富に含まれています。
これは、神経の興奮を鎮め、腎臓や肝臓を活発にする働きがあり、血圧や神経の安定に役立ちます。
また、疲労回復に効果があるビタミンB1の含有量はきのこ類の中でもトップクラスです。

まつたけ

まつたけの香りをつくるマツタケオールや桂皮酸メチルという物質には食欲増進、消化酵素の分泌をうながす作用と同時に、ガン予防に効果があるといわれています。
他のきのこと比べて、食物繊維や鉄分をより多く含んでいます。

秋の食材”きのこ”はさまざまな健康効果がある

きのこには、さまざまな健康効果があり、しいたけやまいたけなどの種類でそれぞれ特徴があります。
それぞれの特徴をよく知り、積極的に取り入れましょう!

関連する記事

食欲の秋 食物繊維を摂ろう
秋の食材に多い食物繊維の体内での働きを紹介しています。
旬の食材で栄養補給
秋が旬のさんま、きのこ、梨の栄養素と効果を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。

栄養通信を紙でほしいかたへ

「秋の食材”きのこ”について」は、第15号 2017.9.19 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110