文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2018年6月1日 スタッフブログ

ビタミンCでストレス対策

栄養通信第22号

日常生活の中で、気温の変化や疲労・痛みなどから知らないうちに、ストレスがかかっています。
ストレスを感じると体はストレスに対抗しようとがんばります。
そこで役立つのが「ビタミンC」です。

ストレスを緩和する食べ合わせ

ストレスを緩和する食べ合わせを紹介します。

いちごと牛乳

いちごには、ビタミンC。牛乳には、カルシウムが入っています。
カルシウム不足でストレスが発生しやすくなります。
そのため、カルシウムとビタミンCを一緒に摂ると良いです。

レタスと鶏肉

レタスには、ビタミンC。鶏肉には、たんぱく質が入っています。
ビタミンCとたんぱく質は、ストレスにより失われます。
そのため、ビタミンCとたんぱく質は日ごろから摂っておくと良いです。

ストレス対策以外のビタミンCの効果

ストレス対策以外にビタミンCの効果は4つあります。

皮膚や粘膜の健康維持効果

コラーゲン生成をうながすので、皮膚や粘膜の健康維持効果があります。

丈夫な骨を作るのを助ける

カルシウムの吸収と代謝に関与し、丈夫な骨を作るのを助けます。

鉄の吸収率を上げる

吸収されにくい野菜の鉄分の吸収を促進します。

抗酸化作用

細胞が傷つくのを防御します。

ビタミンCを適正に摂取する

・ビタミンCが欠乏すると、歯茎や葉のトラブル。毛髪や皮膚の乾燥、貧血にもつながります。
・ビタミンCを摂りすぎると、尿として排泄されるので、体調を崩すことはあまりありません。

1日100mgをみざそう

1日100mgの目安は
いちご・・・4個
キウイ・・・1.5個
グレープフルーツ・・・1個
です。

ストレス対策のひとつとしてビタミンC

ビタミンCは、健やかな体を維持するとともに、ストレスにも対応しています。
ストレス解消方法に「ビタミンC」を加えてみませんか。

関連する記事

ビタミンで免疫力を高めよう
免疫力を高めるビタミンと主な食材を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「ストレス対策のひとつとして」は、第22号 2018.6.1 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110