文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2019年1月1日 スタッフブログ

生姜パワーで寒い冬を乗り切ろう

栄養通信第29号

体を温める食材として知られる生姜。
万能薬と言われ、漢方の生薬や民間医薬として今でも利用されています。日本でも昔から薬味として使われてきました。
近年、健康志向から注目があつまる生姜ですが、食べ方によってその効能は異なります。
寒さが身にしみるこの季節、冷えに効果的な生姜の摂り方を紹介します。

冷えに効果的な生姜の摂り方

生姜は食べ方によって効能が違います。
それぞれの食べ方と効能と冷えに効果的な食べ方を紹介します。

生の生姜(ジンゲロール)は風邪対策に効果的

生の生姜には辛さのもとになる「ジンゲロール」という成分が含まれています。
ジンゲロールは、血管を拡張させて血のめぐりを抑止、体の深部の熱を手足などの末端に広げる効果があります。
つまり、手足を素早く温めてくれますが、深部は熱が奪われるため、体温はやや下がります。
生の生姜は冷えの解消に摂ることは、逆効果になります。

生の生姜は風邪のひきはじめに良い

ジンゲロールには、強い殺菌作用があります。
そのため、お寿司と一緒に食べるガリは食中毒の予防になります。
また、ウィルスや菌に効果を発揮するため、風邪のひきはじめに良いとされています。

加熱・乾燥させた生姜(ショウガオール)は冷え対策に効果的

ショウガオールとは、生の生姜に含まれるジンゲロールが加熱・乾燥によって変化したものです。
ショウガオールは、胃腸を内側から刺激して血流を高め、体の深部の熱を作りだし、体を温めます。
体温自体が低い冷え性のかたには、加熱・乾燥させた生姜を摂ることをおすすめします。
また、ショウガオールは、生理痛をはじめとする「痛み」や「炎症」の元になるプロスタグランジンというホルモンの働きを抑える作用があることが分かっています。

冬におすすめする生姜の摂り方

冬におすすめの生姜の摂り方は生姜紅茶です。
生姜と薬膳的に温性の紅茶を合わせた冬に飲みたいドリンクです。
ショウガオールの多い乾燥生姜を使えば、効果は倍増します。
お好みで黒砂糖やはちみつを加えると飲みやすくなります。

注意点!

紅茶はカフェインを多く含みます。妊娠中のかたは注意しましょう。
また、覚醒作用や利尿作用があるため、夜寝る前なら、紅茶を豆乳などにかえて飲むのも良いでしょう。

生姜の摂取量

生姜の摂取量は、1日10gが目安です。
摂りすぎると腹痛や下痢になることがあるので、食べすぎには注意しましょう。

関連する記事

風邪のときにおすすめの食材
風邪のときにおすすめの食材を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。

栄養通信を紙でほしいかたへ

「生姜パワーで寒い冬を乗り切ろう」は、第29号 2019.1.1 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110