文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2019年5月1日 スタッフブログ

旬の野菜を食べよう!

栄養通信第33号

5月が旬の時期となるアスパラガスには、疲労回復・スタミナ増強に働くアミノ酸が豊富に含まれています。
旬の野菜は最も成熟した頃合いであり、味も栄養価も一番良くなる時期です。
おいしい旬の野菜をたくさん食べて、毎日を健康にすごしましょう。
今回は、5月が旬のアスパラガスを紹介します。

アスパラガスの栄養素と効果

アスパラガスにはたくさんの栄養素や効果がありますが、その中でも4つ紹介します。

アスパラギン酸

アスパラギン酸には、疲労回復やスタミナアップ、新陳代謝促進効果があります。

メチルメチオニン

メチルメチオニンには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のリスクを低下させる効果があります。

ルチン(ビタミンP)

ルチンには、動脈硬化を予防する効果があります。

葉酸(ビタミンB9)

葉酸は、血液を造る役割があります。

アスパラガスを使ったアスパラガスの豆乳グラタンを紹介

栄養通信第33号 アスパラガスの豆乳グラタン

たくさんの栄養素をもったアスパラガスを使った料理を紹介します。

アスパラガスの豆乳グラタンの材料(4人分)

・アスパラガス  12本
・木綿豆腐    2/3丁(200g)
・A(豆乳1/2カップ・マヨネーズ大さじ1・味噌小さじ2)
・溶けるチーズ   40g
・粉チーズ   大さじ1

1人分:133Kcal 糖質 3.1g

アスパラガスの豆乳グラタンの作り方

1.アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、下半分の皮をピーラーでむいて半分の長さに切る。

2.豆腐はペーパータオルに包んで耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分半ほど加熱して水切りする。
ボウルに移して泡立て器でなめらかになるまで崩し、Aを加えて混ぜ合わせる。

3.耐熱皿に2の豆腐の半量を入れ、(1.)のアスパラガスを並べ、残りの(2.)をかけ、溶けるチーズ、粉チーズをふり、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

5月が旬のアスパラガスを食べて、健康にすごしましょう

旬の野菜は、味も栄養価も一番よくなる時期です。
5月が旬のアスパラガスには、動脈硬化の予防効果など良い効果があります。
旬の野菜を食べて健康にすごしましょう。

関連する記事

春野菜を食べて健康になろう!
春野菜の特徴と具体的な調理法と効果を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「旬の野菜を食べよう!」は、第33号 2019.5.1 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110