文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2019年12月20日 スタッフブログ

塩分が多いお正月料理に注意しましょう

栄養通信第40号

今年もあと少し。あっという間にもうすぐお正月ですね。
おいしい料理が多く食卓に並ぶお正月ですが、塩分を気にされている方にとって注意が必要なときでもあります。
今回はお正月でも無理せず減塩ができる方法を紹介します。

お正月でも無理せず減塩ができる3つのポイント

お正月でも無理せず減塩ができる方法を3つ紹介します。

おせちをつくるときのポイント

・お酢、ゆずなど香り・酸味のあるものを使う。
・出汁をしっかり効かせて風味を楽しむ。
・減塩醤油を使用してみる。
(色が濃く食材に染みやすいので煮物等におすすめ)
・全部薄味にしなくても良い。
(薄味・普通の味とメリハリをつけて味がぼやけないように)

おせち料理の食べすぎに気をつけましょう

保存をきかすため、塩気が多いおせち料理。
なかでも、「煮しめ」「数の子」「かまぼこ」などは特に塩分が多くなります。
煮しめは、小鉢1杯分。
数の子やかまぼこは、1から2切れに抑えましょう。
(なますや酢レンコンは塩分が少なめですが、食べすぎには注意が必要です)
また、おせち料理を毎回食べないようにすることも1つのポイントです。

お雑煮は1日1杯をめやすに

お正月はお雑煮をついついたくさん食べてしまいがちですが、汁物はやはり塩分が多くなります。
具だくさんにする、1日1杯までにするなどの工夫をしてみてください。

無理せず減塩してたのしいお正月を

塩分を気にされている方は、減塩をする3つのポイントを参考にしてみてください。
無理せず減塩してたのしいお正月をすごしましょう。

関連する記事

血圧と食塩について
食塩の摂りすぎで血圧が上がる原因を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「おいしく減塩。たのしいお正月 塩分の多いお正月料理に注意しましょう」は、第40号 2019.12.20 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110