文字サイズ

  • 標準

スタッフブログ

2020年2月20日 スタッフブログ

カカオポリフェノールの3つの効果

栄養通信第42号

チョコレートはカカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバターを混ぜて作られています。
今回は、カカオマスに含まれる「カカオポリフェノール」という成分について紹介します。

カカオポリフェノールとは?

チョコレートの主な原料「カカオ豆」に含まれるポリフェノール(抗酸化物質)です。

期待される3つの効果

カカオポリフェノールを摂取することで、期待される3つの効果は、「血圧低下」、「動脈硬化予防」、「老化防止」です。

血圧低下

カカオポリフェノールを摂取することで、血管がひろがり、血圧低下の効果が期待できます。

動脈硬化予防

動脈硬化を引き起こす原因の1つは「LDL(悪玉)コレステロールの酸化」です。
カカオポリフェノールには「LDL(悪玉)コレステロールの酸化」を防ぐ、抗酸化作用があるため、動脈硬化の予防が期待できます。

老化防止

人は年齢とともにシミ・シワが増え、老化していきます。
その老化の原因は人の体内にある「活性酸素」です。
カカオポリフェノールの抗酸化作用が活性酸素の働きを抑制し、老化防止効果が期待できます。

高カカオチョコレートがおすすめ

高カカオチョコレートとは
・カカオマスが70%以上含まれているもの(成分表をよく見ましょう)
・カカオポリフェノールが多く含まれています。

高カカオチョコレートを食べる量に注意しましょう

一般的に、間食の適量は1日200kcal以内といわれています。
高カカオチョコレートは板チョコ半分(25から30g)で150から200kcalです。

高カカオチョコレートの健康効果を知って、計画的に食べましょう

カカオポリフェノールには、期待される3つの効果があります。
しかし、チョコレートの食べ過ぎは肥満など病気の原因となります。
健康的に「血圧低下」などの効果を得たい人は、板チョコ半分を目安にしましょう。

関連する記事

知らなかった!チョコレートの効果
チョコレートの効果を紹介しています。

この記事を書いた人

神戸徳洲会病院 栄養科
食事の観点からいろんな情報を提供していきます。
編集者 岡大徳

当院では栄養指導をおこなっています

外来、入院ともに医師の指示にもとづき、個別に栄養指導をおこなっています。
栄養指導は管理栄養士が担当し、時間は30分程度です。
生活習慣病のかたや、医師が栄養(食事)指導を必要とするかたを対象におこなっています。
糖尿病、腎臓病、高血圧、脂質異常症、肥満症など、さまざまな疾患に対し、管理栄養士が日常生活や食習慣に合わせた内容でお話します。
お気軽に医師にご相談ください。
栄養科のページはこちら

栄養通信を紙でほしいかたへ

「チョコレートの不思議」は、第42号 2020.2.20 栄養通信に掲載されています。
最新版の栄養通信がほしい方は神戸徳洲会病院1階ロビーで

PDF版がほしい方はこちら
  • TEL078-707-1110