文字サイズ

  • 標準

心臓血管センター

心臓血管センター

動脈硬化、高血圧、糖尿病、腎不全などの基礎疾患から発展する循環器疾患の治療を主とする心臓血管センターを併設しております。
心臓病や血管病についてのご相談や診療を受付ける「心臓血管センター 専門外来」も設置しておりますので、お気軽にご相談下さい。

当院で対応可能な主な手術については、こちらからご確認ください。

心臓血管センターの特徴

循環器内科で手術が望ましいと診断された方は、心臓血管外科で適応を考慮し手術を行うようにしています。また、緊急症例を24時間積極的に受け入れており、兵庫県の基幹病院として機能し、将来は近畿全域から患者さまの受け入れができるセンターをめざします。

心臓血管疾患の専門チームを組成

当センターでは、疾患ごとに主治医団と関係する専門医療チームが組成され、あらゆる心臓病・血管病の救急医療に24時間365日対応しています。

世界レベルの心臓血管手術

超音波メスによる内胸動脈採取法を用いたことによる心拍動下冠動脈バイパス術や、傷んだ自分の弁を完全修復する自己弁温存による独自の僧帽弁形成術など、世界レベルの心臓血管外科手術を行っております。

両側内胸動脈による心拍動下冠動脈バイパス術

の4カ所に吻合した例

最高品質の理想的な低侵襲冠動脈手術の実現

「超音波メス Skeletonization 内胸動脈」は世界初の独自技術で、次の利点があります。

  • 内胸動脈を最大限、長く・太く利用できる
  • 左内胸動脈と右内胸動脈を同時に使える
  • 内胸動脈を全く傷つけずに採取できる
  • 抜群の長期開存性が確保できる
    ※ 内胸動脈は10年たっても95%以上開存を保つ
  • 最高品質の内胸動脈で心臓(左室心筋)のほとんど(3/4の領域)をカバーできる
自己弁温存による独自の僧帽弁形成術
独自の理想的な弁尖形成法(ラフゾーントリミング法)による
最高品質の弁膜症手術の実現

世界初のユニークな発想と、確実な技術である弁尖形成法(ラフゾーントリミング法)は、次の利点があります。

  • 人工弁を使用しなくてすむ
  • 極めて低い僧帽弁逆流の再発率(術後10年以内の再手術率:2%未満)
  • 術後には、抗凝固剤も抗血小板剤も不要
  • 独自の僧帽弁の術中逆流評価法(RC-beating test)で、完璧な修復完成度を達成
  • 術後の僧帽弁逆流の完全制御(逆流ゼロ)を95%以上で達成

心臓手術後の回復の早さ

超音波メスによる内胸動脈採取法は、心臓を止めない低侵襲な手術です。回復も早く、手術当日からのリハビリを開始でき、200m歩行が術後5日間で達成できています。

当院は、十年二十年たっても再手術の必要のない、より質の高い治療を行っており、どんな合併症を持った方でも、一日も早く元通りの生活に戻れるよう精一杯お手伝いさせていただきます。

心臓血管センターから患者さまへ

心臓血管疾患の患者さまへ

心不全などで外来通院困難な重症な方や、心疾患や血管疾患の手術治療が必要な患者さまを優先して入院して頂ける準備を整えました。
心臓血管疾患の専門チームにより、安全・低侵襲な心臓カテーテル治療、および、高度先進技術に基づく安全な心臓血管外科手術を受けていただけるようになりました。
狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈瘤、動脈閉塞症など、あらゆる心臓・血管疾患に対応できます。大きな心臓手術でも術後5日でほとんどの方が100m歩行可能となるくらい、早期に元気回復できる低侵襲・高品質治療を行なっています。
また、心臓血管スクリーニングで未病の段階からのケアや、治療段階での最適治療の相談なども行っています。

静脈瘤の患者さまへ

足の腫れ、静脈の膨らみ(静脈瘤)のある患者さまに、最先端医療の超音波(ラジオ波)治療装置による低侵襲手術で痛みを和らげ綺麗に治すことができます。
1日もしくは1泊入院で治療が可能です。(重症度により異なることがあります)

透析の患者さまへ

(1)血行動態不安定な方の入院慢性透析が可能です

慢性透析に関して、心疾患や心不全などの理由で透析中に血圧低下などの循環動態不安定となった場合に、当院で「慢性透析」と「入院治療」の両立が可能です。

(2)透析患者さまに合併した心臓血管疾患のあらゆる手術治療が可能です

術前検査から、開心術を含む手術治療、ならびに、術後のリハビリ完結までを一貫して当科で行えることが特徴で、当院から自宅へダイレクトに退院が可能です。

(3)シャントトラブルに対して、専門医による入院ケアが可能です

感染などのシャントトラブルが生じた患者さまには、いつでも脈管専門医・心臓血管外科専門医による治療(シャント再建や人工血管の入れ替えなど)を受けていただけます。

(4)脳卒中急性期直後のリハビリ目的での入院慢性透析が可能です

脳血管疾患の急性期治療直後の慢性透析患者さまでは、回復期リハビリテーション病棟で透析をしながらリハビリを完了することができます。

(5)外来透析維持困難な患者さまに対する入院慢性透析が可能です

慢性療養を必要とする患者さまでは、医療療養型病床で心臓血管センター管理のもとで入院維持透析を受けてもらいながら療養加療を続けて頂けます。

特別専門外来

心臓病や血管病についてのご相談や診療を受け付ける心臓血管センター「特別専門外来」を設置しました。ここでは紹介状なしでも受診して頂くことが可能です。心臓病・血管病の治療などに関するセカンドオピニオンも受け付けておりますので遠慮なくお問合わせ下さい。

お問合せ:心臓血管センターメール:CVC@kobetokushukai.org
お問合せ:電話番号:078-707-1110(内線509:心臓血管センター)
心臓血管センター「特別専門外来」(院長診):火曜日・木曜日 14時~16時

院長 樋上 哲哉(心臓血管センター長)

【略歴】
神戸大学 昭和57年卒
医学博士「逆行性冠灌流法と灌流分布と心筋保護
効果に関する臨床的研究」
日本外科学会外科専門医
日本外科学会指導医
日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本脈管学会脈管専門医
日本胸部外科学会指導医
修練指導者


院長の手術・手技、経歴についての詳細

心臓血管センター 『専門外来(院長診)』

(軽症から重症までの心臓病・血管病の相談可能)
*初診
*セカンドオピニオン
*心臓血管スクリーニング(専門医検診)
*手術治療相談 (先進医療をご希望の方,重症の方,透析などの併存疾患をお持ちの方,特殊医療を要する方,エホバの証人の方など)
*紹介状はなくても可能(要予約)


診療担当表

心臓血管外科

朝診 富田 樋上 宮木
昼診 宮木 富田
夜診 武田 武田
朝診 昼診 夜診
富田
樋上 宮木 武田
宮木 富田 武田

循環器内科

午前 樋上*
富田
宮木* 樋上* 樋上* 宮木*
富田
午後 上田*
(完全予約制)
神田*
(完全予約制)
夜診 武田 武田
午前 午後 夜診
樋上*
富田
宮木* 上田*
(完全予約制)
武田
樋上*
樋上* 神田*
(完全予約制)
武田
宮木*
富田

*日本循環器学会:循環器専門医

  • TEL078-707-1110